福祉住環境アワード

以下は第5回サミットの内容です。第6回については応募受付を終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

本年度から、福祉住環境アソシエーションが1年間の福祉住環境整備・住まいでくり・まちづくり・地域づくりの4つの部門で優秀であると判断させていただいた事例に関して、表彰並びに発表の場をサミットの中で設けます。

2018年3月17日(土)

1.住環境整備部門 (15:30〜16:00)表彰・発表
株式会社ハート工夢店 代表取締役社長 南里 昇氏
「住宅改修事例 ひとりでお風呂に入りたい~ほふく移動から車いす移動へのスイッチ~」

2.住まいづくり部門(16:05〜16:35)表彰・発表
大阪長屋居住文化研究会 代表、大阪市立大学大学院 教授 藤田 忍氏
「大阪長屋の保全活用とネットワーク形成に関する研究」

3.まちづくり部門 (16:40〜17:10)表彰・発表
特定非営利活動法人福祉住環境ネットワークこうち 理事長 笹岡 和泉氏
「高知型タウンモビリティ~誰もが、出かけたい場所へ出かけられることが当たり前のまちへ~」

4.地域づくり部門 (17:15〜17:45)表彰・発表
だんだんテラスの会 辻村 修太郎氏
「365日オープンのコミュニティ活動拠点~だんだんテラスの取り組み~」

講評 岩尾 聡士氏、 野﨑 伸一氏

投稿日:2015年11月9日 更新日:

執筆者:

第六回福祉住環境サミット

OPEN FUKUSHI DAY 2019 2019年3月16日
5 months to go.

第六回福祉住環境アワードの応募受付は終了いたしました。

アイカ工業㈱・あいち福祉住環境研究会・NPO法人さっぽろ住まいのプラットフォーム・NPO法人福祉住環境ネットワークこうち・ふくしまユニバーサルネット・ ㈱ダスキン ホームインステッド事業部・NPO法人高齢者快適生活つくり研究会・オールト㈱・(一社)日本色彩環境福祉協会・NPO法人ひろしまユニバーサルデザイン推進協会・特定非営利活動法人阿波グローカルネット・㈲レーベンドルフ・㈱プラッツ・㈱LIXIL・㈱かどや商会・㈱松本工務店・㈱ツジカワ・勝部建設㈱・㈱タカプラ・㈱キムラ・医療法人楠病院