分科会(セッションラウンジ) プログラム

2018年11月8日段階の内容です。変更する場合があります。

3月17日(日)10:00~16:45
6分科会&全体シンポジウム

■ 今回は、各セッション毎に時間等が変わりますのでご確認の上、ご参加お願い致します。
(各分科会) 開始時間10:00~

■ 全体シンポジウム(1時間)15:45~16:45


第1分科会「福祉用具・福祉機器〜福祉用具で変わるQOL〜」

1-1 拘縮は日本だけ?福祉用具が日本を救う!(10:00〜10:50)
(一社)こうしゅくゼロ推進協議会 副代表理事 石橋 弘人氏

1-2 難聴と認知症の関係性から見る高齢者との音声対話による聴覚リハビリテーションの重要性(11:00〜11:50)
ユニバーサル・サウンドデザイン㈱代表取締役  中石 真一路氏

1-3 福祉用具利用で変わるQOL~福祉用具体験を通して考える~(13:00〜15:30)
福用具体験・パネルディスカッション「福祉用具利用で変わるQOL~福祉用具体験を通して考える~」
協力:㈱プラッツ、ラックヘルスケア㈱、㈱モリトー、ゲティンゲグループ・ジャパン㈱ 他
コーディネーター:佐賀大学医学部准教授 松尾 清美氏


第2分科会「住環境整備を考える〜住環境整備がもたらす自分らしい暮らし〜」

2-1 「未定」(10:00〜10:50)
「未定」

2-2 家で暮らす。住まいの”ちから”(予定)(11:00〜11:50)
株式会社神崎工務店代表取締役 神崎 嘉博氏(予定)

2-3 住環境整備で何を目指し、何を実現するのかを考える(13:00〜15:30)
ワークショップ「仲間を巻き込むための共感を生むプロセスを学ぶ」

(話題提供)テーマ「頚椎損傷者の事例から考える住環境整備の目的」/(特活)ユニバーサルデザイン推進協会代表理事 芳村 幸司氏
パネラー:神崎嘉博氏(予定)/未定/未定
コーディネーター:芳村 幸司氏


第3分科会「認知症者と共に〜認知症者が幸せに暮らすには〜」

3-1 基調講演テーマ「未定」(10:00〜11:30)
小川 敬之氏/京都橘大学健康科学部教授(作業療法士)

   質疑応答 (11:30〜11:50)

3-2 「認知症の人が幸せに生活するためのヒント」(13:00〜15:30)
パネルディスカッション「認知症の人が幸せに生活するためのヒント」
(話題提供)テーマ「未定」/大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻准教授  看護師 山川 みやえ氏
パネラー:小川敬之氏/山川みやえ氏/大庭 輝氏/京都府立医科大学精神医学教室特任助教
コーディネーター:佐藤眞一氏/大阪大学大学院人間科学研究科教授

第4分科会「地域包括ケアシステム〜これからの地域づくり〜」

2-1 (仮)糖尿病専門医の取組地域包括ケアシステム「幸手モデル」(予定)(10:00〜10:50)
(医)JMA東埼玉総合病院糖尿病内科医 中野 智紀氏(予定)

2-2 (仮)大牟田市の実践事例から読み解く地域包括ケア構築のシナリオ
(医)静光園白川病院医療連携室 猿渡 進平氏)    (11:00〜11:50)

2-3 地域共生社会を見据えての地域包括ケアシステムを考える。(13:00〜15:30)
パネルディスカッション「地域共生社会を見据えての地域包括ケアシステムを考える。」
(話題提供)石狩市における「あいまち」の取組/(有)アット 代表取締役 運上 昌洋氏
(パネラー)中野智紀氏(予定)/ (予定) /運上昌洋氏
コーディネーター:吉永美佐子氏/(一社)福祉住環境アソシエーション代表理事


第5分科会「リハビリテーション〜自分らしく暮らし続けるために〜」

3-1 ショッピングリハビリで人、街を元気に(10:00〜10:50)
光プロジェクト(株)代表取締役 杉村 卓哉氏

3-2 (仮)歩行アシスト「アシモ」が持つ可能性(11:00〜11:50)
(株)本田技研研究所  竹中 透氏

3-3 ”生きる世界を広げる”ためにできること〜技術と仕組みが支える行動支援〜(13:00〜15:30)
パネルディスカッション「”生きる世界を広げる”ためにできること〜技術と仕組みが支える行動支援〜」
(話題提供)高知市における移動支援の取組/(特活)福祉住環境ネットワークこうち 理事長 笹岡 和泉氏
(パネラー)杉村卓哉氏/竹中 透氏/笹岡和泉氏
コーディネーター:江草典政氏/島根大学医学部付属病院リハビリテーション部療法士長


第6分科会「医療費と健康寿命〜42兆円の年間医療削減と健康寿命延伸〜」

5-1 間違った常識から脱却して健康寿命を目指そう(10:00〜10:50)
桜美林大学名誉教授・招聘教授 柴田 博氏

5-2  (仮)在宅医療の現状と未来(11:00〜11:50)
医療法人社団悠翔会理事長 佐々木 淳氏(予定)

5-3 「42兆円!年間医療費の削減と健康寿命延伸の両立を目指して」(13:00〜15:30)
パネルディスカッション「42兆円!年間医療費の削減と健康寿命延伸の両立を目指して」
(話題提供)テーマ「未定」/「未定」
パネラー:樋口恵子氏/柴田 博氏/佐々木 淳氏
コーディネーター:川瀬健介氏/福祉住環境コーディネーター協会理事


全体シンポジウム(1時間)15:45~16:45
テーマ:福祉住環境コーディネーターのこれからかを考える

多くの合格者を輩出しているが、検定の壁がありマーケットを獲得出来ていない福祉住環境コーディネーター。2日間のプログラムを経て、果たして、今後どう動いていけばよいかを考えます。
■パネリスト
川瀬 健介氏、 松尾 清美氏、 吉永 美佐子氏、 佐藤 眞一氏、 江草 典政氏
■コーディネーター
芳村 幸司氏

投稿日:2015年11月6日 更新日:

執筆者:

第六回福祉住環境サミット

OPEN FUKUSHI DAY 2019 2019年3月16日
3 months to go.

第六回福祉住環境アワードの応募受付は終了いたしました。

アイカ工業㈱・あいち福祉住環境研究会・NPO法人さっぽろ住まいのプラットフォーム・NPO法人福祉住環境ネットワークこうち・ふくしまユニバーサルネット・ ㈱ダスキン ホームインステッド事業部・NPO法人高齢者快適生活つくり研究会・オールト㈱・(一社)日本色彩環境福祉協会・NPO法人ひろしまユニバーサルデザイン推進協会・特定非営利活動法人阿波グローカルネット・㈲レーベンドルフ・㈱プラッツ・㈱LIXIL・㈱かどや商会・㈱松本工務店・㈱ツジカワ・勝部建設㈱・㈱タカプラ・㈱キムラ・医療法人楠病院