開催趣旨/概要

第六回福祉住環境サミット2018年11月現在の内容

1.開催背景と趣旨

今、日本では2025年問題に向けて地域包括ケアシステムを中心に地域共生社会を目標と
した様々な政策、施策が展開されています。従来の枠組みの中では無く、その多くは公共へ
の市民や地域の参画をベースにNPO、企業等の様々な媒体が連携しながらこれからの日本を
支えるという仕組みになっています。
また、「福祉」という言葉の意味も弱者救済のみでは無く、皆が幸せになれるといったものに変
化していこうとしています。
それらは、2025年に介護を必要とする人の中で認知症高齢者数だけでも470万人にもなる
と考えられ、2050年には1人の若者が1人の高齢者を支えなければならない時代となり、特別
養護老人ホームへの待機者数が増加し続け、介護サービスの供給が不足し、介護サービスを
入所型施設で対応していくことが増々難しくなり、医療の分野においても医療費の増加等の問
題から手厚い医療を必要としていない人への病院での治療にも限界があることによると考えま
す。病床数を16万~20万床減らす必要があり、手厚い医療を必要としていない30万~34万人
を自宅や介護施設での治療に切り替えるといった方向性をみても明らかであります。
また、同時に前述した「福祉」の考え方への転換から、障害者総合支援法に基づき、障害の
有無にかかわらず誰もが互いを尊重しあい地域で安心して暮らすこともめざしています。
すなわち、「今後の生活ステージとしては在宅(地域)が中心となるということです。」
多様なサービスを必要とする人達が在宅(地域)で自分らしく暮らし続けるための、仕組みを
地域主体で作り、その重要な要素としての「家」にも新たな機能が必要となってくることとな
ります。
しかし、実態としては、まだまだ長年培われてきた「福祉」への価値観の払拭は難しく、また現
在の地域力をベースにした仕組みが中心であり、NPO団体や企業等やソーシャルビジネス等
も計画には盛り込まれてはいるもののうまく連携できる仕組みがつくられているとは言い難い
状況下にあります。そこで私たちは、今回の第六回福祉住環境サミットにおいては、少子高齢
化や人口の減少による経済力の減退等で地域力は下がることを前提とした5年先、10年先の
視点にたったもう一つのグランドデザインを考えていくために必要となる、住環境のみならず多
様なスキルや事例を提供し共有することで
「誰もが、自分らしく安心・安全に住み慣れた地域や家で暮らし続けることの出来る環境」
を俯瞰力を持って多くの地域で考え、実践していける人材や企業、団体等の育成の一助とな
ることを目標に開催させていただきたいと考えています。

2.開催概要

OPEN FUKUSHI DAY  2018  〜福祉はもっと、自由になれる〜
      テーマ:「誰もが自分らしく住み慣れた地域で暮らし続けるために」

開催日時  2018316日(土)12:30(受付11:30)~17:00
       グランドセミナー(基調講演)・福祉住環境アワード
      2018316日(土)18:00〜19:30
       クロスコミュニケーション交流会
      2018年3月17日(日)10:00~16:45
       クロスセッションラウンジ(分科会)&シンポジウム、全体シンポジウム

会  場  大阪大学豊中キャンパス
〒560-0043  大阪府豊中市待兼山町

登録料 一般:(¥4,000)
WeLA会員・後援共催団体会員・豊中市に在住在勤の方:(¥3,000)
学生・75才以上(無料)

主  催 一般社団法人福祉住環境アソシエーション(愛称:WeLAウィーラ)
特定非営利活動法人ユニバーサルデザイン推進協会(福祉住環境サミット事務局)

共  催 福祉住環境コーディネーター協会、大阪大学老年学研究会、日本応用老年学会、一般社
特定非営利活動法人ユニバーサルデザイン推進協会(福祉住環境サミット事務局)

後  援(予定含む)  厚労省、経産省、豊中市、東京商工会議所、一般財団法人高齢者住宅財団、一般社団法人日本福祉用具供給協会、一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会、公益財団法人テクノエイド協会、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会、特定非営利活動法人高齢社会をよくする女性の会、特定非営利活動法人福祉・住環境人材開発センター、一般社団法人日本認知症コミュニケーション協議会、特定非営利活動法人ケアリフォームシステム研究会、特定非営利活動法人産学連携学会、公益社団法人日本理学療法士協会、一般社団法人日本介護支援専門員協会、一般社団法人日本建築士事務所協会連合会、一般社団法人日本建築協会、一般社団法人日本作業療法士協会、新老人の会、一般社団法人全国介護事業者協議会 一般社団法人日本認知症ケア学会 一般社団法人水素健康推進協会(順不同)

投稿日:2016年10月11日 更新日:

執筆者:

第六回福祉住環境サミット

OPEN FUKUSHI DAY 2019 2019年3月16日
3 months to go.

第六回福祉住環境アワードの応募受付は終了いたしました。

アイカ工業㈱・あいち福祉住環境研究会・NPO法人さっぽろ住まいのプラットフォーム・NPO法人福祉住環境ネットワークこうち・ふくしまユニバーサルネット・ ㈱ダスキン ホームインステッド事業部・NPO法人高齢者快適生活つくり研究会・オールト㈱・(一社)日本色彩環境福祉協会・NPO法人ひろしまユニバーサルデザイン推進協会・特定非営利活動法人阿波グローカルネット・㈲レーベンドルフ・㈱プラッツ・㈱LIXIL・㈱かどや商会・㈱松本工務店・㈱ツジカワ・勝部建設㈱・㈱タカプラ・㈱キムラ・医療法人楠病院